キャットフードで健康を保つために

キャットフードを冷凍保存

キャットフードの保存方法を考えるとき、常温か冷蔵か冷凍かで悩む人も多いです。
今回はキャットフードを冷凍保存した場合のメリットや方法について見ていきましょう。

キャットフードを冷凍するメリット

ドライタイプのキャットフードの賞味期限は、どんなメーカーでも大体1ヶ月程度です。
しかし、封を開けて空気に触れた瞬間から、フードの酸化は進みどんどん劣化していきます。
小分けにして冷凍することで、それ以上の劣化を防ぐことができます。

キャットフードの酸化を防ぐためには、高温多湿を避け、涼しい場所に保管するのが鉄則です。
真空パックでの保存や、脱酸素剤を入れた缶を使っても、どうしても多少は空気に触れてしまいます。
冷蔵庫に入れると結露でカビが生えてしまうこともありますが、冷凍の場合はその心配がありません。
冷凍の場合は2〜3ヶ月は保存がきくため、期限を気にせず少量ずつ使っていくことができます。

■キャットフードを冷凍する方法
キャットフードを冷凍する場合は、1〜3日分ずつ小分けにして袋やタッパーに入れて冷凍します。
このときなるべく空気を抜くようにして、脱酸素剤を入れておきましょう。
使うときはその都度出すようにします。
大袋で買った場合や、猫が思ったより食べてくれなくて余ったときに、この方法を使えば無駄が出ません。

冷凍したキャットフードの解凍方法

冷凍したキャットフードを解凍するとき、凍ったままレンジにかけると食感が失われおいしくありません。
おすすめは冷凍庫→冷蔵庫解凍し、さらにフードを与える当日に常温にもどしておくこと。
手間がかかりますが、この段階を踏むことでおいしく解凍ができます。
せっかく冷凍しても、おいしくなければ猫が食べてくれず無駄になってしまうかもしれません。
そうならないよう、もっともおいしい状態で与えられるようにしましょう。

キャットフードの保存には冷凍が便利

このように、キャットフードが大量にあるときは冷凍保存が便利です。
ただし冷凍保存しても2〜3ヶ月が限度で、それ以上は風味が落ちてしまうのでなるべく早めに使い切るようにしましょう。
【おすすめサイト】
安全なキャットフードの基準
http://cafebona.jp/annnzennkijyunn.html

ページのトップへ戻る